就労体験について【求職者向け】

釧路北部地域雇用創造協議会では、令和4年度から就労体験事業を行います。

1.事業目的
本事業は、北海道移住交流促進協議会及びふるさと回帰センター(東京)等と連携し、標茶町・弟子屈町・鶴居村(以下「3町村」という)事業所への就労を希望する方々へ、就労体験を通じて3町村事業所を知ってもらうことで、UIJターンの促進を図ることを目的としています。

2.就労体験の募集概要

(1)対象者
・3町村以外に住所を有し、3町村への移住や就労を希望する方
・参加に際し、釧路北部地域雇用創造協議会へ必要な情報や資料の提供、アンケート調査などに協力できる方

(2)募集人数(目安)
10人(宿泊数によって変動します)

(3)就労体験実施期間と日数(予定)
令和4年8月1日から令和5年2月末まで随時(最大4泊5日)

(4)就労体験の募集期間
令和4年8月1日から令和5年1月末まで

(5)参加費用
無料。※現地までの交通費や宿泊費(助成あり)、食事代などは参加者負担となります。

(6)宿泊費の助成
1人当たり4泊を上限とし、1泊当たりの実費(7,800円を上限)を宿泊費助成金として交付します。対象となる条件など詳しくは、助成金交付要綱をご覧ください。なお、予算の上限に達し次第、助成金の交付は終了となりますのでご了承ください。

(7)就労体験の流れ
①体験希望者が申込用紙を提出
②体験を希望する会社や業種について、協議会担当者がヒアリング
③協議会担当者が体験希望者と受入企業の日程調整を行い、滞在プランのご提案
④就労体験の実施(最大4泊5日)
⑤宿泊費の精算処理等
⑥後日、アンケートを提出

(8)アンケートの実施
就労体験終了後、雇用状況に関するアンケート調査を実施しますので、ご協力をお願いします。
※アンケート調査の詳細につきましては、別途お知らせいたします。

(9)その他
・傷害保険
就労体験に参加される求職者には事故等により負傷した場合の傷害保険及び財物に損害を与えた場合の賠償責任保険に、協議会の負担により加入していただきます(最大5日間)。
・就労体験の中止
就労体験実施期間中、発熱等の症状がみられる場合や、服務上での問題が生じた場合など、就労体験を継続することにより受入企業の業務に支障が生じる場合には、就労体験を中止することができます。その場合には、 速やかに事務局までご連絡ください。

■お申込はこちら

■申込みに関する問合せ先
申込みに関する問合せは以下までお願いします。

【主催者】
釧路北部地域雇用創造協議会
担当 事業推進員 (野呂・秋吉)
TEL:015-482-2940
FAX:015-482-5669
E-mail:info@stt-job.com

PAGE TOP